Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yahirohumpty.blog2.fc2.com/tb.php/291-62e14e1c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

GTKのコールバックやタイムアウトはどう実装されているのか?

KLTを仕込んだだけでパフォーマンスががた落ちした.
最適化とか色々いじった挙句改善せず,
そもそもGTKビューワでスレッドを立てすぎじゃないか疑惑が発生.

現在の実装はもろもろの理由で
gtk_mainのスレッドとかキャプチャ用のスレッドとかがんがん立ててしまい,
それぞれでコールバックが走っているので多分スレッドが5個くらい立っている.
流石にやりすぎなので,
gtkのコールバックに入力処理を任せつつ
タイムアウトにメイン処理を持ってくるような形にしたい.
こうするとスレッドが三つくらいですむと思われる.

ここでの疑問は,
タイムアウトやコールバックが並行に呼び出されることはないのかということ.
つまりタイムアウトの処理とコールバックの処理が同じスレッドか別スレッドか.
なおかつタイムアウトがしばらく返ってこない場合どういう扱いになるのか.

このためだけに検証コードを書くか?
いやむしろ実装やり直してパフォーマンスがどうなるかを見極めるのが先か...


(追記)

gtkglext-examplesのmultiarb.cあたりが参考になりそうだ.
タイムアウトのつけはがしや
タイムアウト中のイベント処理とかもできている.
特にロックとかは考えなくてもよさそう.



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yahirohumpty.blog2.fc2.com/tb.php/291-62e14e1c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

yahirohumpty

  • Author:yahirohumpty
  • 某大学の研究員です.
    博士号持ってます.
    ビジョンとロボットが専門.
    その他もろもろのことに興味があります.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。