Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yahirohumpty.blog2.fc2.com/tb.php/248-6f27b423

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

博士課程は大変だということ

こんな記事を見つけた.

幻影随想: ブログでバイオ 第41回「私が博士課程に進学しなかった理由」
http://blackshadow.seesaa.net/article/97414722.html

細かいことはできる限り気にしないようにしているので,
僕がなぜ博士課程に進んだか,
現在何が問題かということをちょっと考えてみると,

・なんで博士に行ったのか
学部時代は就職氷河期だったのと演劇とかやってて就活に無関心だった.
修士のときもあまり乗り気にならず.
私大の理系の現状にうんざりしていたのもあり
とりあえず国立の博士課程いってみようと思い立つ.
そして地獄の日々が始まるのでした.

・いまだいぶ問題があるなあと思っていること
資金繰りは非常に大変です.
当たり前なのですが,博士課程に入学するころには現役生でも24歳です.
そんな年になってまで親に負担を強いるなんてありえない.
普通は経済的事由であきらめることだってありうるはずです.
また貸費奨学金だって利子が無いものが多いとはいえ,
借金に変わりありません.
バイトなんてとてもできたもんじゃないほど忙しいし.

そこで給付就学金や助成制度が充実してくれればいいのですが,
現実問題としてそこまで大したものは期待できません.
最大規模のものだと学振特別研究員という制度があります.
http://www.jsps.go.jp/index.html
が,これはとんでもない難関を潜り抜けないと通りません.
研究計画,研究実績など厳しく見られます.
そして通ってしまうとかなりの額の給料と研究資金が調達できますが,
これはかえって格差を生んでいるだけに見えます.

あとは各大学で学生をRAや助手として雇うようなことをやっていますが,
正直学費を払ったらほとんど残ってないです.
というか,私の例では今年の学費がすでに払えない状況です.


こんな状況なので,
軽々しく後輩にドクター行けとはいえない私です.

最後に有名なこれ.
データが古いですが.
http://www.geocities.jp/dondokodon41412002/index.html
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yahirohumpty.blog2.fc2.com/tb.php/248-6f27b423

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

yahirohumpty

  • Author:yahirohumpty
  • 某大学の研究員です.
    博士号持ってます.
    ビジョンとロボットが専門.
    その他もろもろのことに興味があります.

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。